AppleのWWDC 2013の感想をだらだらと。

AppleのWWDC 2013の感想をだらだらと。

apple.com

昨晩そっち系の人たちが大盛り上がりだった、AppleのWWDC(Worldwide Developers Conference) 2013。予想されていたiOS7の発表があったり、長年放置されてきたMac Proのリニューアルが発表されたりと、きちんと盛り上がりどころがある内容だったと思います。

USサイトではすでに発表された製品のページがオープンしていますので、ぜひ見てください。それぞれの製品のKeynoteのアーカイブもあります。

Apple

個人的にはMacBook Airのバッテリー寿命の向上が福音でした。なんだかんだで一番触ってるデバイスでしょうし、電源確保できないことで困ったことも一度や二度じゃありませんから。余裕ができたら13inchに替えようと思います。

今回の発表はiOS7のデザイン刷新に目がいきがちですが、Mac OS X Mavericks、iOS7ともにグラフィックとしてどうと言うよりは、機能性の向上に注力をした印象があります。それはデバイス間の連携であったり、悪名高かった各種設定へのアクセシビリティだったり、マルチディスプレイのユーザビリティだったりですね。とにかくまず使っていてストレスに感じるシーンを減らそうという意図が感じられました。

あとはMac Proですね! あのサイズであのスペック。フラッグシップモデルとしてのMac Proが帰ってきた感があります。完全にモンスターでしょあれ。オプション全部つけていくらになるのか気になります。買わないけど。

そんなこんなで久しぶりに楽しいWWDCでした。次回あたり小型&薄型化した新型iPad期待してます。


このブログに掲載されている写真は2013/05/24以降はRICOH GR、それ以前はRICOH GR DIGITAL IIIで撮影されています。


カテゴリ : BLOG IPHONE MACこのブログをRSSで購読する