ウェブサイトで使ってるフォントが気になったらChrome拡張「WhatFont」。

ウェブサイトで使ってるフォントが気になったらChrome拡張「WhatFont」。

Photo by dantekgeek (Creative Commons BY-SA 2.0)

最近はウェブフォントが使われている場面も多くなってきて、昔だったら画像を使うであろうところもテキストで事足りてしまう、なんていうことも増えて来ました。

例えばGoogleが提供しているGoogle Web Fontでは、現在622ものフォントが無料で提供されています。日本のフォントメーカーでも、モリサワがTypeSquareというクラウドフォントサービスを提供しています(こちらは有料ですが、現在無料キャンペーン中)。

そうした中で、ウェブサイトを閲覧している最中に「このフォントはなんだろう?」と思う機会も増えてきたように思います。特に海外のサイトで気の利いたフォントが使われていると気になるんですよね。

もちろん、ブラウザのデベロッパーツールなどでCSSを見て、指定されているフォントを探すこともできますが、これはちょっと手間です。そういうときは、「WhatFont」という拡張機能を使いましょう。

Chrome ウェブストア – WhatFont

拡張機能をインストールすると、ブラウザのメニューにWhatFontのアイコンが表示されます。気になるフォントを見つけたらそれをクリックしましょう。

WhatFont

WhatFontを起動した状態でテキストにマウスカーソルを合わせると、ツールチップで使われているフォント名が表示されます。

WhatFont

さらにクリックすると、フォントサイズなどの詳細を表示することができます。これは便利。


このブログに掲載されている写真は2013/05/24以降はRICOH GR、それ以前はRICOH GR DIGITAL IIIで撮影されています。


カテゴリ : BLOG CSS DESIGN WEBこのブログをRSSで購読する