ISSEY MIYAKE “TWELVE” designed by Naoto Fukasawa

ISSEY MIYAKE “TWELVE” designed by Naoto Fukasawa

「時計の文字盤に、数字は必要だろうか」

そんな問いから生まれたのだろう。なにもない文字盤と、十二角形のガラス。引き算によるデザインの凄みを、最も体現した時計だと思う。

「それ、時間わかるの?」

「よく見てごらん。ガラスが十二角形になってるから、わかるんだよ」

この時計には、そんな会話を生み出す不思議な力がある。


このブログに掲載されている写真は2013/05/24以降はRICOH GR、それ以前はRICOH GR DIGITAL IIIで撮影されています。


カテゴリ : FAVORITE WATCHこのブログをRSSで購読する