株式会社CONCENTさんの社内ワークショップでPictathon(ピクタソン)をやってきました。

株式会社CONCENTさんの社内ワークショップでPictathon(ピクタソン)をやってきました。

第一回Pictathonが終わって間もない頃に、優勝者の筒井さんが所属するデザイン会社、CONCENTさんの社内ワークショップとしてPictathonをやって欲しいとお声がけいただいてたのですが、先日やってきました。

そもそもPictathonってなによ?という方は、下記サイトをご参照ください。11月2日に第二回が行われる予定です。なお参加者の募集は終了しています。第三回は2月くらいにやります。

Pictathon – Pictogram × Hackathon「ピクタソン」 / 2013年11月2日に第2回開催決定!

さて本題。今回のPictathon at CONCENTでのお題は下記の通りでした。

練習問題
おもてなし

本戦
Aグループ : Adobeのソフトウェア(Photoshop・Illustratorなどから好きなものを3種)
Bグループ : 映画のジャンル(アニメ・コメディ・アクション)
Cグループ : オリンピックの競技(陸上・水泳・球技)

練習問題のテーマ「おもてなし」では、「ハート」や「手」を使ったピクトグラムが多かったです。そんな中、個人的に好きだったのは「おしぼり」を使ったこちら。

R0020195

そういえば飲食店で温かいおしぼりが出てきたとき、「おもてなし」を感じますよね。あのホッとする感じが上手く表現できてて良かったです。

ちなみに余談ですがPictathon、作ってる間すごく無言になります(笑)

R0020188

みなさん真剣です。

本戦の方は全体を3つのグループに分けて、それぞれ違うテーマで制作しました。参加者自身、自分が参加していないグループの審査も行うという仕組みです。これは本家Pictathonも同様の仕組みを取っています。

R0020207

審査する側も真剣です。

R0020209

今回作られたピクトグラムはこんな感じ。同じテーマでも、発想が人によって全然違って面白い! 毎回主催側はどんなのが出てくるかワクワクしながら待っています。作れって言われたら頭痛くなりそうですが(笑)

ということで、初めての社内ワークショップとしてのPictathonをやらせていただいて、こちらとしても非常に得るものの大きい体験となりました。それは、CONCENTさんのようなデザイン会社のみならず、「伝える」ことを生業としている人たちにとって、Pictathonがとても良い訓練になるということです。この確信が得られました。

貴重なご機会いただいたCONCENTさん、本当にありがとうございました。また、他にご興味おありの会社さん、ぜひお声がけください。Pictathonは参加した人たちの「ものの考え方」が一歩前へと進むイベントです。これはデザイナーだけが必要としていることではなく、様々な職種において有益なことだと思います。

さて次は本家Pictathonの第二回が11月2日に迫ってきました。今回もドSなテーマを用意して参加者のみなさんをお待ちしています。


このブログに掲載されている写真は2013/05/24以降はRICOH GR、それ以前はRICOH GR DIGITAL IIIで撮影されています。


カテゴリ : BLOG DESIGN EVENTこのブログをRSSで購読する