「音楽著作権ベーシック講座」という連載を始めました。

「音楽著作権ベーシック講座」という連載を始めました。

Photo by Horia Varlan (Creative Commons BY 2.0)

ギター・マガジン、サウンド&レコーディング・マガジンなどで有名なリットー・ミュージックのポータルサイト“RondoM”にて、シティライツ法律事務所代表の水野祐弁護士(イケメン)と「音楽著作権ベーシック講座」という連載を始めました。

第1回:バンドメンバーで曲を共作したとき、権利ってどうなるの? | 音楽著作権ベーシック講座 | RandoM

毎回著作権に関する疑問を抱いている相談者を招いて、水野さんと議論をしながらそれを解決していくという内容です。僕がやらかさない限り週1で更新されると思いますが、たぶんどっかでやらかすと思います(笑)

都市部ではいまや多くの人がスマートフォンを持っていて、いつでもインターネットに繋がる生活をしています。動画・写真を撮る、文章を書く、ウェブサイトを閲覧する、それらを共有する。そんなことを日常的に行なっているその状況では、誰もが著作(権)者になり得るし、著作物の二次利用者になり得るわけです。

そのようにして、今まではクリエイターやミュージシャン、彼らが生み出す作品を扱う人たちだけが気にしていれば良かった「著作権」が、いまや誰にでも身近な存在になってきました。しかし著作権について一定以上の理解をしている人の割合は、絶望的に低いというのが現実です。

このままでは自衛すらもままなりませんし、知らないうちに他人の権利を侵害していることも起こり得るでしょう。専門家ほどではありませんが、一般人よりは詳しい人間として、そういった状況を少しでも改善していければと思っています。

今回は音楽著作権にフォーカスした連載になりますが、これも含め様々なアプローチで啓蒙活動を行なっていきたいです。実はもう一個仕込み中なんですが(笑) そちらもお楽しみに。

昨年は自分がテレビ朝日に著作権を侵害されるなど妙な体験をしたことからその辺りへの興味を深めたこともあり、また、その他いろんなご縁もありまして今回の連載を始めるに至りました。なるべく多くの方に読んでいただけたらと思っておりますので、みなさんどしどし拡散等お願いいたします。


このブログに掲載されている写真は2013/05/24以降はRICOH GR、それ以前はRICOH GR DIGITAL IIIで撮影されています。


カテゴリ : BLOG COPYRIGHT MUSICこのブログをRSSで購読する