2/1(金)に下北沢B&Bにて永田純さんと対談することになりました。テーマは「次世代のアーティストと、彼らを支える仕組みと人の話」です。

2/1(金)に下北沢B&Bにて永田純さんと対談することになりました。テーマは「次世代のアーティストと、彼らを支える仕組みと人の話」です。

2/1(金)に下北沢B&Bにて永田純さんと対談することになりました。テーマは「次世代のアーティストと、彼らを支える仕組みと人の話」です。

音楽業界でマネージメントやプロデュースなどを長年やってこられ、「次世代ミュージシャンのためのセルフマネージメント・バイブル」の著者でもある永田純さん。大先輩である彼と2人で、これからアーティスト・クリエイター・ミュージシャンと呼ばれるような人たちが、活動を継続する上で必要な「サポート」とはなんなのか、「しくみ」と「ひと」という2つの軸で話します。

参加には事前予約が必要なので、ご興味おありの方は下記ウェブサイトよりお申込みの上でお越しください。B&B自体もすごく素敵な本屋(しかもビールが飲める)なので、そちらも一見の価値ありですよ。

永田純×カズワタベ 次世代のアーティストと、彼らを支える仕組みと人の話 | B&B

開催日時 : 20:00〜22:00(19:30開場)
開催場所 : 本屋B&B(世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F)
入場料 : 1500yen+1drink order

ちなみにご一緒する永田純さんについては「ほぼ日刊イトイ新聞」に掲載された記事に詳しいです。実際お会いすると眼力すごいんです。

どんべいさんと、音楽マネージメントの話を。 – ほぼ日刊イトイ新聞

永田さんのプロフィールは下記の通りです。出てくる名前がすごすぎてうひゃーって感じですね。もう一度言います。うひゃー。

音楽エージェント/ プロデューサー。1958年東京生まれで、愛称はどんべい。70年代中頃よりコンサート制作にかかわり、79-80年、YMO のワールド・ツアーに同行。84年坂本龍一アシスタント・マネージャーを経て、85年以降、矢野顕子、たま、大貫妙子、マイア・バルー、金子飛鳥らをマネージメント、細野晴臣、友部正人、三宅純、テイ・トウワ、野宮真貴らを代理した。プロデューサーとしては東京メトロ、六本木ヒルズ、東急文化村、J-WAVE、世田谷文化財団等の主催公演、NHK「みんなのうた」、スタジオジブリ「ホーホケキョ となりの山田くん」 サウンドトラック、「セサミストリート/ 日本版」等に関わる。また、オーディオ代理店、シュタイナー教育関連コーディネイト、音楽出版などを手がけ、2011年設立された「すべてのミュージシャンのためのパブリックサービスを目指す」一般社団法人ミュージック・クリエイターズ・エージェント 代表理事。有限会社スタマック代表。2013年の春より、京都精華大学教員就任予定。

せっかくご一緒させていただくわけですし、なんか面白い話したいですね。なんにしようかな。当日までに考えておきます。


このブログに掲載されている写真は2013/05/24以降はRICOH GR、それ以前はRICOH GR DIGITAL IIIで撮影されています。


カテゴリ : BLOG EVENTこのブログをRSSで購読する