BAtoMA INTERIOR EXHIBITION@ラフォーレミュージアム原宿に行ってきた。

BAtoMA INTERIOR EXHIBITION@ラフォーレミュージアム原宿に行ってきた。

ラフォーレミュージアム原宿で行われていた、「場と間」と銘打った展示会を見てきました。BAtoMAという表記が素敵なこの展示は、アッシュ・ペー・フランスが主催しているデザイン、アート、プロダクトの合同展示会です

場と間|BAtoMA INTERIOR EXHIBITION

通常この手の展示会はバイヤーやプレス関係者向けのものですが、「場と間」は会期の一部を一般開放日にしていて見ることができます。

R0019057

エントランスを入ると、早速巨大なジオラマが。静止画だと伝わりにくいですが、いろんなところが動いています。この巨大な女性像の下では3Dプリンタがなにかを作ってましたし、電車は走ってるし、雲はくるくる回っていました。

R0019061

このジオラマ、細部がすごく良く出来ていて可愛いんです。

R0019050 R0019056 R0019052 R0019048

このジオラマはklokaという空間デザインを手がける会社の作品のようです。こういう世界観好きなんですよね。

そこからさらに中に進むと、各ブランドの出展スペースになっていました。商品を撮らないようにしてたので、中の写真はほとんどありません。雰囲気は下の写真のような感じで、「クリスマス」をテーマに素敵な装飾がなされてました。

R0019066

ここでは、デザインと料理をテーマにケータリングなどをしているholidayの堀出隼さんにお話を伺ったんですが、僕が好きなDANSKOのパーティも手がけていて驚きました。ケータリングと言うと味気ない料理が出てきがちですが、holidayの料理はひとつひとつにアイデアがきちんとあって素晴らしいです。

R0019093

せっかくなので何か買っていこうと思い、Dankeのアンブレラ・グリップを購入。傘の持ち手に付けて装飾することができます。雨の日が少し楽しくなりそうなプロダクトです。

場と間の会期は本日5月26日17時まで。あと数時間ですが、もし原宿近辺にいて暇を持て余している人がいたらぜひ行ってみてください。


このブログに掲載されている写真は2013/05/24以降はRICOH GR、それ以前はRICOH GR DIGITAL IIIで撮影されています。


カテゴリ : ART BLOG DESIGN EVENTこのブログをRSSで購読する